幻想劇場地下水路の怪物

梅乃チヒロの個人同人音楽サークル 星薔薇歌劇団のブログです。告知とか、徒然。

カテゴリー "つらつら" の記事

帽子狂?

こんばんは、梅乃です。本日は平井太郎先生の忌日ですね。

広告を消すために記事を書きます。

しかし暑いです。

私は寒いのも暑いのも苦手なのですが、コートや毛皮の襟巻、別珍やゴブラン織りなど秋冬物のお洋服や素材が大好きなので、まだ寒いほうがいくらかましなんですよね。。。

でも、逆に言えば夏物のファッションアイテムを楽しめたら、暑いのも我慢できるかも?と思いまして、新しいお帽子をお迎えしました♪

お帽子とワンピース


こちらのお帽子は作家さんの手作りで、今年2月ごろに知ったブランドさんなのですが、もうぞっこんで実はこれで四つ目なんです(笑)。

M3で被っていたグレーのボンネもこちらでオーダーしたものなんですよ。同じく大好きなブランドさんのワンピースにもよく合っています~。

秋M3でも新しい子をオーダーしたいな~と思っていますが、最近更に人気が出てきたようなので、できるかどうか…。ワイン色のベルベットのハットが欲しいんです><欲しいったら欲しいんです><

好きなものが人気になるのは複雑ですね…。

そんな秋M3まではもうしばらくありますが(制作は遅れ気味だけど!)、その前に新作をWeb公開しようと準備中です♪

八月の夏コミ前に、エアコミケ的なノリで公開しようと思っておりますが、夏らしくかつ女子力高い楽曲ですので、そちらもお聴きいただけたら嬉しいです。

梅乃チヒロ
スポンサーサイト

お歌のお姉様

こんばんは、梅乃です。

今週はどうしても気に入らなかった曲の録り直しやミックスをメインにして居ます。一番音をとるのが難しい曲と、一番長い曲です(笑)

これで以前のデモとは歌がほぼ変わる筈です。筈。
三月中にきちんとした試聴をだせたらな~と思います。
ちなみに全て宅録になりました。リフレクションフィルターの持ち運びがどうしても出来なくて…次回は何か考えないとorz

しかししかし、歌うことは好きなのですがきちんとレッスンを受けてきた訳ではない為、自分の歌がこれでよいのかいつも疑問です…。おなかから声がでません><

特に自分の声質?が他人様にとってどんな風に感じられるのか…キンキンすぎないかなぁ。曲は良いけど歌がちょっと…とか思われないかな(苦笑)

話が少し変わりますが。

私が同人音楽を聴きだして、イベント等にも行くようになり始めた当初からずっと好きなサークルさん方は、ボーカルさんがとても魅力的で素敵なのです。あの方とかあの方とかあの方とか。

お歌も勿論素晴らしいのですが、イベントでお見かけする度にファッション等の美的センスが自分の目指している場所にとても近いと感じられ、本当に憧れでございました。

一番嬉しかったのはその中のお一人のボーカルさんと冬コミでコートが色まで丸かぶりしたことです(笑)アマンディーヌコートのフランボワーズ…って話が通じる方いらっしゃるかしらん…。もう同人活動されていない方なのですけどね。

後は別のボーカルさんでアクセ等を手作りされる方がいらっしゃって、影響受けてアクセ作りを始めたり…。

そんなこんなで、ボーカルさんやその出で立ちに強い憧れを抱いているので、イベント時はファッションやブースの装飾等も凝りたいと思います~。

あれ、最初はお歌の話でしたよね…???

手焼きにするつもりだったけどお安く小ロットから対応可能な業者さまを見つけて心が揺らいでいる梅乃でした◎

いきあたりばったり音楽道

こんばんは、梅乃です。 

本日は現実逃避に私の音楽・作曲遍歴をつらつらと書いてみようと思います。

年齢がばれるのかどうなのかよくわかりませんが、小さい頃大好きだった番組がございます。

某教育テレビにて放映されていた番組なのですが、クラシックの名曲をアレンジして個性的なCGアニメーションとともに流すというものです。

なんともシュール(当時はシュールという言葉など知りませんでしたが)で魅力的な映像に美しい楽曲が流れていて、とても印象的でした。

私にとって「トルコ行進曲」は靴が階段を駆け上がる曲で、「トッカータとフーガ」は透明人間がカレーを作る曲で、「ワルキューレの飛行」は花々が襲来する曲でございました。

小学生~高校一年くらいまでは、ピアノを習っていました。
元々手が小さいのと、楽譜を見ながら弾くのが苦手で泣かず飛ばずでしたが、作曲のレッスンだけは大好きでした。楽譜書くのは苦手でしたし、詳しくコードや何やらはまっったく頭に入りませんでしたが。

また、流行に疎い子でしたのではやっているポップスも全然知らず、漫画が好きなオタクなのにアニメの為に深夜起きられない・録画出来ないのでアニメソングも詳しくないというカラオケ難民でした。
では何を聴いていたのかというと図書館でクラシックや映画音楽、フレンチポップやシャンソン等を手当たり次第借りてはMDに録音するということを繰り返しておりました。それどころか「現代の日本語歌詞の曲に良いものなど無い!」とおこがましい考えすらもっていました…聴いてもいないくせに、はずかしや。

さてとある時、知人に某アニメの主題歌が良いよ、と言われて試しに聴いてみたことでわたしの音楽人生は一変します。
私はクラシックの中でもバロック調で短調、アレグロ位の曲調が好きなのですが、まさにバッハやヴィヴァルディの曲をそのまま持ってきたような、でも何処か現代的なその曲調に一瞬で虜になったのです。

そこから糸を手繰るようにヴィジュアル系や同人出身のアーティストを聴くようになり、同人音楽というシーンを知るに至りました。

同人音楽、素晴らしいです。
素敵なメロディや独創的な世界観を構築している方々がこんなにも多くいるなんて…!と感動しました。今ではもう何枚購入しているかわからないくらいです。耳も、目も飽きないです。

同人音楽にどはまりするのと平行して、私は携帯のアプリで曲を作ることにはまっておりました。楽譜を書くことが苦手だったので、ぽちぽち打ち込めるツールというのは嬉しいです。

此方です。

同人音楽にどっぷり浸かっていた頃(今もですが…)に作曲していたもの達で、特に誰かに指導されて作った訳でもないので(今もですが…)色々影響が見え隠れしているものですが、前に上げたデモ音源にピンときた方がいらっしゃいましたら、お聴き頂けますと幸いです。

今後のCDでは此方に投稿したもののリメイク等もしていきたいですね。

梅乃チヒロ